上手に使おう避妊薬

避妊ピルの飲み忘れには偽薬が便利

ピルは避妊効果が100%に近いといわれている経口避妊薬です。
ピルの使用を止めることで妊娠することが可能となり、世界中の女性が使用する避妊薬となっています。
避妊薬として使用されているピルは低用量ピルと呼ばれているもので、医師の処方箋が必要となります。
病院で問診や血圧測定等を行ってから処方されます。
ピルの中には女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
ピルを服用することで排卵がおこらないようにし、受精卵が子宮に着床しないようにするので避妊効果があります。
ピルは毎日1錠ずつを必ず飲む必要があります。
ピルを飲み忘れると避妊に失敗する危険性があるので、飲み忘れを防止するために偽薬を一緒に処方します。
偽薬は女性ホルモンが含まれておらず飲み忘れを防ぐ為のものです。
ピルには21日と28日の2種類があります。
21日タイプの飲み方を説明します。
生理が始まった時からピルを毎日1錠ずつ21日間飲み続けます。
22日目から7日間は服用を休み、その翌日から21日間飲み続けて7日間休むことを繰り返していきます。
このタイプは日にちを間違えて飲み忘れる可能性があります。
28日タイプは21日飲み続け7日間は偽薬を服用することを繰り返します。
偽薬は女性ホルモンが含まれていないので、7日間休むことと同じになります。
28日タイプは処方された薬を順番に飲んでいくだけなので簡単で高い避妊効果が得られます。
ピルは服用を中止すれば3か月程度で生理が始まります。
低用量ピルは安全な避妊薬ですが、持病等で服用できない人もいます。
ピルを使用したい時は医師の診察を受けてから服用し、決められた通りに飲むようにしましょう。