上手に使おう避妊薬

避妊薬に含まれるエストロゲンは血栓の原因になる?

避妊薬には血液を凝固させる作用があり、血栓症が発症するリスクがあります。血管内で血液が塊になって血管をふさぐと、それより先の血液の流れが少なくなるか、なくなります。その結果、塊から先が壊死して心筋梗塞や脳梗塞が起こったり、炎症が起こったりします。はがれた塊が別の血管に流れていき、その血管をふさぐこともあります。
血栓症は、静脈で起こるものと動脈で起こるものがあり、エストロゲンは主に静脈で起こるタイプに、黄体ホルモンは主に動脈で起こるタイプに関わるといわれています。避妊薬を服用したときに起こる血栓症は、主に静脈に起こるタイプです。避妊薬に含まれるエストロゲンと黄体ホルモンのうち、エストロゲンの量が多いほど、発症のリスクが高まります。
避妊薬を服用している女性の静脈血栓症の発症リスクは、避妊薬を服用していない女性のリスクを1とした場合、3~5です。妊婦の発症リスクは12程度になるので、やや増加する程度といえます。避妊薬を飲み始めてすぐに(1年以内)発症する頻度が高く、長期間服用してもリスクが増えるわけではありません。
ただし、家族に血栓症にかかった人がいるとリスクが高くなります。また、本人がかかったことがある場合には、服用を禁じられています。喫煙は、血液の凝固を促進させる作用があるため血栓症が起こりやすくなりますが、避妊薬を服用中の女性が喫煙すると、動脈血栓症のリスクも高くなります。
避妊薬の服用中に、下肢の痛みやむくみがある場合には、すぐに服用をやめて受診しましょう。特に、激しい頭痛や胸痛、言語のもつれ、視野の喪失、失神、呼吸困難などは血栓症の症状ですので、ただちに医療機関を受診してください。